まず最初にしてあげること

まずは「冷却処置」がとても重要です。

夏場では一日、冬場では二日ほどで、お身体の腐敗(傷み)が進行していきます。
そのお身体の腐敗を防ぐために、以下の説明を元に「冷却処置」を必ず行なってください。

火葬前のペット冷却処置の方法

STEP 1
手足をゆっくり身体の方向に曲げてあげます。

時間が経つにつれ、「硬直」が始まりますので、できるだけ早く曲げてあげます。

もしも、すでに硬直が進行してしまい、硬くなってしまっていたら無理に曲げる必要はございません。

可能な範囲で構いませんので、優しく曲げてあげてください。

 

STEP2
保冷剤や氷を袋に詰め、タオルに包みます。

腹部、首元に優しくおいてあげてください。
(大きめの保冷剤がある場合、遺体の下に置き、ペットの全身を冷やしてあげてください。)

夏場では一日。冬場は二日ほどで腐敗が始まってしまうため、なるべく早く冷やしてあげます。

その際、夏場ではクーラーを強めにつけ、お部屋を涼しくし、直射日光を避けてください。

冬場では暖房器具・直射日光を避け、なるべく涼しい場所で安置してください。

※上記の冷却処置を行い、火葬日まで安置してください。
 その際、段ボール等ございましたら、ご納棺いただき、お供え物を添えていただいても大丈夫です。
 (金属類・ボール類・プラスティック類は火葬ができませんので、ご遠慮ください)

その他、ご葬儀までに必用な物

・お好きなだったおやつ

・生花(お花)

・お洋服(少量に限る)

上記をお供え物として、一緒にお供えいただいても大丈夫です。

当社に連絡し、一級動物葬祭ディレクターに相談

ペットちゃんの処置が終わり気持ちが落ち着きましたら、すぐに当社一級動物葬祭ディレクターにご相談ください。
ペット火葬に関するご相談や、ご火葬日にご相談など、お困りごとを専門家と一緒に解決していきます

葬祭ディレクターとは

日本動物葬儀霊園協会が付与するこの資格は、実務経験・専門知識が必要とされ、ペット葬儀のプロフェッショナルにのみ与えられる、業界唯一の資格です。

sousai_director

24時間365日、有資格者がお電話相談を受付し、
親切・丁寧にアドバイスさせていただきます。

24時間・365日ご相談受付・葬儀対応

ペット火葬ご予約・ご相談受付窓口です。
お電話は私につながりますので、
不明な点・ご質問等、どうぞお気軽にお電話ください。

contact_tel reserve_button