【目黒区対応】ペット火葬・ペット葬儀社

きちんと見送り「後悔のない最期」を過ごしたい

ジャパン動物メモリアル社では、
家族同様に大切な時間を過ごしてきたペットの旅立ちを
丁寧にお手伝い、後悔のない“ペット葬”をご提供いたします。

ペット火葬・葬儀プランのご案内

ご家族様にてご拾骨の火葬プラン

プレミアム葬

家族立会葬

弊社スタッフにてご収骨の火葬プラン

一任個別葬

引き取り葬

「ジャパン動物メモリアル社」の 5つのお約束

最愛のペットが急に亡くなってしまったら誰もが慌ててしまいます。
当社では、目黒区の飼い主様に寄り添う親身なご対応をお約束します。
お気軽にご相談ください。

24時間・365日電話サポート

早朝・深夜に関係なく、目黒区の飼い主様を全力でサポートいたします。

ペット火葬炉を設置した、セレモニー車で目黒区のご自宅にお伺いいたします。

東京都23区内・近郊、川崎市・横浜市、千葉・埼玉の一部は無料出張。目黒区は 追加費なしでお受け付けいたします。

動物萬霊守護“愛育神社”「お清め物」を無料提供

動物萬霊守護神社“愛育神社”のお清物をご自宅にお持ちします。その お清物を使い旅立ちの準備をします。 ※宗教関連で使用できない場合は、お気軽にお電話でお伝えください。

当社でご葬儀を依頼いただいた方に、思い出に残る「オリジナルお手 元供養グッズ」をプレゼントいたします。お気に入りのお写真をご用 意いただければ、その場でお作りいたします。

スタッフの紹介

当社の動物葬祭ディレクターは、一人ひとりが年間数千件の葬儀を承り、知識・経験共に豊かでプロフェッショナルです。

また、安心して目黒区の飼い主様にご依頼いただけるように、自宅訪問時のきめ細かな心配りも日々学んでおります。

ご利用者様の声

実際に当社ご依頼いただいた利用者様の声です。

ご利用者様から温かいお言葉をいただき、私達動物葬祭ディレクターは日々精進するよう努めております。

専門家様からの推薦の声

高校を卒業後、関東の訓練所に住み込みで訓練方法を学び、訓練しの道を歩む。動物をこよ なく愛する晴美は、一人で細々と犬を育てるつもりだったが、ニュースで災害や事件を観る たび、どうしても「人を守る犬」がもっと必要と思うようになった。 一頭でも多く、現場で活躍する犬を育てるため、3名の、すべて女性による警察犬訓練所を 運営し、社会貢献を目指している。

東京都目黒区「死亡届け」の詳細

飼い犬が亡くなってしまった場合、目黒区保健所生活衛生課生活環境係への「死亡届け」の申請が必要になります。

※保健所以外でも、各事務所(北部地区サービス事務所中央地区サービス事務所南部地区サービス事務所西部地区サービス事務所)・保健センター(碑文谷保健センター2階 保健サービス係)でも提出可能です。

「死亡届け」を提出しない場合は、飼い犬が生きているとみなされ、集合注射(ワクチン)の案内状や注射の催促状が届いてしまうので、きちんと行いましょう。

また目黒区保健所生活衛生課生活環境係では、郵送・電子申請でも死亡届を受け付けているようです。

郵送先 〒153-8573
目黒区上目黒二丁目19番15号
目黒区保健所生活衛生課生活環境係

目黒区保健所のお問い合わせ先

生活衛生課生活環境係

  • 電話番号:03-5722-9505
  • ファクス:03-5722-9508

受付時間:平日午前8時半から午後5時

提出時の注意

  1. 届け出る方と犬の所有者が異なる場合、届出書には「犬の所有者」の住所、氏名及び電話番号を記入してください。
  2. 犬鑑札や当該年度の狂犬病予防注射済票を返却していただきます。犬と一緒に埋葬したり紛失して、返却できない場合は、届出書に理由を記入してください。

ファイルダウンロード飼い犬の死亡届(PDF:78KB)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。電子申請(飼い犬の死亡手続き)へリンク(新しいウィンドウで表示されます。)

目黒区保健所へのアクセス

メディア実績

葬儀専門誌「葬祭流儀」千葉版
取材・撮影強力

葬儀専門誌「葬祭流儀」東京版
取材・撮影強力

青春出版「Big tomorrow」
取材・撮影強力

日本テレビ
「行列のできる法律相談所」
取材・撮影強力

日本テレビ「スッキリ」
取材・撮影強力

NHK
「お元気ですか日本列島」
取材・撮影強力

NHK「首都圏ネットワーク」
取材・撮影強力