ジャパン動物メモリアル社の説明

このページでは弊社「株式会社JDM ジャパン動物メモリアル社」について、設立した経緯、弊社のペット葬儀サービス、ペット葬儀サービス以外の活動をご説明いたします。

設立した経緯

株式会社JDM設立した経緯イメージ

ジャパン動物メモリアル社は、2016年2月、株式会社JDMとして東京都港区三田に設立し、ペットを大切にする多くの飼主様に支えられながら、今日に至ります。

今現在も日々、飼主様からのご意見や要望を常にヒアリングしながら、動物葬祭ディレクター、コールセンタースタッフを指導し、誠心誠意ペット葬儀サービスをご提供させていただいております。

今日まで全て順風満帆にサービスをご提供できていたわけではなく、トライ&エラーを繰り返し、より飼い主様が望まれるペット葬儀を今現在も模索しています。

弊社代表が、千葉県佐倉市の「ペット霊園 ヒルサイド倶楽部」でペット葬儀の経験・知識を深く学び、「ペットを大切にする飼主様が、後悔なく満足するペット葬儀を全国の方々に提供したい」という思いから設立いたしました。

また、その際東京から来ていただけるご依頼主様も多く、「都内でペット葬儀サービスをやってほしい」とのお声も多くいただき、大変励みになりました。

「ペット霊園 ヒルサイド倶楽部」で提供している〃しっかりしたお見送り〃を出張ペット火葬で再現し、より多くのペット葬儀に携わりたい。そして、飼主様が深い悲しみから少しでも早く立ち直っていただきたい。そんな思いがございました。

弊社のペット葬儀サービス

弊社のペット葬儀サービスイメージ

弊社のペット葬儀サービスは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、北海道、宮城県に各支店を配置し、その地域の飼主様からのご要望をヒアリングし、自宅まで出張いたします。

ご要望のお時間帯にご訪問させていただき、ご自宅で最後のお別れ、ペットの火葬まで取り仕切らせていただきます。

その際には、亡きペットの想い出の場所、散歩に出かけていた場所など、飼主様のご希望になるべく沿う形でご火葬をさせていただきます。

ご自宅に伺う動物葬祭ディレクターは、飼主様に後悔のない最後を送っていただきたいという思いから、代表の根本、責任者の高野(一級動物葬祭ディレクター兼・ペット火葬管理士資格保有)が作成した弊社独自ペット葬祭カリキュラムを用意し、全スタッフに知識・技術として身につけさせております。その厳しい審査を行い、規定水準に達した場合のみ、弊社の動物葬祭ディレクターとして活躍してもらっています。

また、千葉県白子町に位置する「動物萬霊守護“愛育神社(日本初のペット専用神社)」に協力してもらい、火葬前のお別れ時、愛育神社の神主様にお清めいただいた特別なお清め物を使い、亡きペットを清め、天国へと送ります。

このお清め儀式のサービスを提供するペット葬儀社は全国でも弊社が初で、これまでペットを亡くされた多くの飼主様にご満足いただきました。

また、実際のペット火葬技術についても、高野監修の元、規定日数の厳格な実務研修を行い、新人からベテランスタッフまで日々技術を磨いています。

毎月開催される月1回の社内全体ミーティングで、「礼儀作法」「葬儀サービス」「火葬技術」まで、常に指導させていただいております。

ペット葬儀サービス以外の活動

動物保護団体様への支援活動

弊社では、恵まれない動物たちへの「支援活動」も行っております。定期的に、動物保護団体様へご葬儀でいただいたご費用の一部を募金させていただき、また飼主様からいただいた物資を送らせていただいております。

私たちは、殺処分されてしまう動物たちを少しでも救えるよう、今後も努力してまいります。

正しいペット葬儀の情報発信

弊社では、テレビ、雑誌のメディア関係者様から依頼を受け、「正しいペット葬儀情報」を配信しています。

これまで、ペット葬儀社による問題が後を絶たず、ペット葬儀業界が不安視されていました。そこでメディア関係者様にご協力していただき、「正しいペット葬儀社の選び方」「最新のペット葬儀ニュース」など、飼主様の有益な情報を提供できるよう活動もしております。

関東ペット火葬協会会員

弊社は「関東ペット火葬協会」に在籍し、同業のペット葬儀社様と日頃連絡を取り合い、常に信頼できるペット葬儀社として情報交換をしております。関東ペット火葬協会認定の「ペット火葬管理士」資格も取得しており、安全に飼い主様にペット葬儀サービスをご提供できるように精進しています。

老後サポートネットワーク

弊社は、「老後サポートネットワーク」に在籍しており、ペット葬儀社以外の業者様(葬儀社様、遺品整理業社様、その他の終活関係社様)と情報交換を行い、生活のアフターケアとしてより良いサービスを、一般の方々にご提供できるように活動しております。